クックマート新聞
クックマート新聞
クックマート新聞

兄弟そろって小さな農家さん 我が家の収穫の秋

投稿日:2018.09.22

いよいよ収穫の秋!我が家の家庭菜園にも、春に植えたサツマイモが立派に育ちました!せっかくなので「プチ農業体験」とばかりに、三歳と七歳の息子に収穫してもらうことに。二人で悪戦苦闘しながら、なんとかサツマイモを掘り起こすことに成功!自ら収穫した達成感からか、いつも以上に「おいしい!」と目を丸くして食べていました。それからというもの、青果コーナーで野菜を見るたび「次はあれを育てたい!」「こっちの方が面白そう」と言い出すように。特に兄は「こんな大きいの育てているよ!すごいね!」と言います。収穫を通して、食べ物に興味を持ってくれたことがとても嬉しいです。すっかり農家さん気取りの息子たちと、次は何を育てるか相談して決めようと思います!


魂を受け継ぐ、伝統のチャーシュー

投稿日:2018.09.22

クックマートの総菜でロングセラーの商品があります。それは「クックマート自家製チャーシュー」です。香辛料の利いた甘辛いタレが、柔らか~く煮た豚肉に絡んだ絶品。焦げ目がちょっとほろ苦く、それがまたクセになる味わいです。実はこれ、クックマートの大元となる惣菜店のレシピが元になっているんです。当時から人気の商品で、うなぎのタレのように継ぎ足して作る秘伝タレが好評だったそう。その秘伝タレが現在のクックマートに至るまで、五十年以上受け継がれているというのだから驚き!タレと共にチャーシューのレシピも受け継いだので、作り方は昔ながらのこだわり製法です。とはいえ「そのまま売るだけじゃクックマートらしさが足りない」ということで、たっぷりチャーシューをのせた丼ぶりや、手作りパンで挟んだチャーシュードックを作っているお店もありますよ。時代を越えて愛され続けるチャーシュー、どうぞお試しあれ。


クックマートスタッフ紀行 丸トポートリーさん見学編

投稿日:2018.09.22

僕は肉が大好きなスポーツマン兼お肉担当者です!一番よく食べる肉は地元ブランド・錦爽鶏のささみや胸肉。運動しては肉を食べ、食べては運動し、モリモリ筋肉を付けています!先日、この錦爽鶏を育てる丸トポートリーさんの鶏舎にお邪魔しました。中に入るまで、狭いケージ内にニワトリが大量にひしめき合っていると思い込んでいました。けれど実際は地面を広く囲い、柵の中でニワトリが自由に動き回っていたんです。運動させることで、ただ柔らかいだけでなく、脂肪の少ない適度に引き締まった体になるそうです。更に自然由来のエサを与えることで臭みも少なくなるのだとか。もうひとつ初めて知ったのが、加工は約六十名ものスタッフが手作業で行っていることです。機械化すればコストは下がりますが、鮮度も質も悪くなってしまうらしいんです。そのため「人手をかけておいしいお肉を届ける!」という信念を貫き、手作業にこだわり続けているとのことでした。僕は今まで何も知らずにいましたが、今後はお肉担当者として、また錦爽鶏ファンの一人として、このこだわりをお客様にどんどん伝えていきたいと思いました。スポーツマンにもそうでない人にもオススメの錦爽鶏、ぜひ味わってください!


西日本豪雨災害 募金のお礼とご報告

投稿日:2018.09.22

七月末からクックマート全店にて行いました西日本豪雨災害募金は、八月十九日をもちまして締め切らせていただきました。皆様からお預かりした募金は172万1724円になりましたことをご報告いたします。たくさんのご協力、誠にありがとうございました。また当社からの50万円を合わせ、総額222万1724円を豊橋善意銀行を通じて日本赤十字社に委託し被災地へとお届けいたします。被災された地域の一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。


ご先祖様も喜ぶ? 変わり種おはぎ

投稿日:2018.09.22

お彼岸に欠かせないもののひとつ・おはぎ。我が家の定番はあんこ、きな粉のおはぎでしたが、子供の頃は「おはぎって、あんこときな粉以外の味はないの?」と母に言っていたものです。母は決まって「確かに色々あれば、ご先祖様も楽しいかもね」と返していました。そんな会話を思い出し、今回デリカベーカリー部で色んな味のおはぎを作ってみました!変わり種の赤飯や、紫あんもありますよ。こんなおはぎをお供えしたら、もしかしたらご先祖様も「色んな味があっていいねえ」なんて喜んでくれるかもしれません。


カテゴリー:

クックマート新聞

ページの先頭へ
Copyright(C) DELIGHT All Rights Reserved
株式会社デライト
株式会社デライト
〒440-0066 愛知県豊橋市東田町151-1
0532-69-1505(代)

pageup