クックマート新聞
クックマート新聞
クックマート新聞

組み合わせ無限!クックマートの鍋セット

投稿日:2017.12.02

寒~い冬の定番としてすっかり浸透したクックマートの鍋セット。鍋に必要な野菜をすべてあらかじめ洗ってカットして、ボリュームたっぷりに盛り付けているため、そのままどさっと鍋に入れてしまえばOKです。お店に入って最初に鍋セットをカゴに入れてしまえば、もう今日の晩ごはんは決まり。あとは好みの鍋つゆと、肉か魚のメイン食材を選ぶだけです。簡単楽ちんに料理ができる優れものですよ! 最近はバリエーションが更に増え、お店によってはきのこたっぷりセットや、春菊やニラを使った香り豊かなセットもご用意しています。今日はどんな鍋にしようかと、ワクワクしながら選べる売場になっています。組み合わせを変えて色んな鍋をお楽しみください♪


惣菜部の鉄人が語る!辛党のための旨辛・骨なしフライドチキン

投稿日:2017.12.02

皆さん、辛いものはお好きですか? 私は無類の辛党で、コンビニや外食で「辛い」の文字を見つけると必ず買ってしまいます。しかし食べてみると意外と辛くない、ということが多いんですよね~。物足りなさを感じた私、辛党が納得する惣菜を作ろう!と一念発起しました。試行錯誤を重ねて完成したのが、旨辛・レッドホットチキン。骨なしにすることで、思いっきりかぶりついて口中を辛味で満たせるようにしました! 早速スタッフに試食を出すと、辛党からは高評価を得ました。ですが女性中心の甘党からは不評だったため(汗)、プレーンタイプに甘辛ダレをかけた味も用意しました。「どうしても辛味は付けたいんだね」と笑われてしまいましたが、辛党としてのこだわりは譲れません。最終的にお店に並んでいるのはレッドホット、甘辛、プレーンの三種類。辛党から甘党まで楽しんでいただけるはず。ぜひ好みに合わせて選んでください。


南半球からの贈り物

投稿日:2017.12.02

クックマートで近年人気急上昇中のオーストラリア産牛肉「大麦牛」をご存知ですか?この度、精肉担当の私が飛行機で約九時間、クルマで一日六百キロ走りまして、遥かオーストラリアの現地牧場を視察して参りました!牧場はオーストラリア第三の都市・ブリスベンから内陸に数百キロの地点にあり、広さはなんと東京ドーム一二八〇個分というから驚き。敷地内には、厳選した穀物を食べながら大切に育てられている牛が五万頭!周りでは野生のカンガルーやエミューの姿も見られ、夜は満天の星空が輝く超ワイルドな環境です。現地で食べた極厚大麦牛ステーキのおいしかったこと!牧場主のクレイグさん中心に、最先端の牧場運営が行われており、牛肉加工場の衛生管理体制も素晴らしく、今まで以上に自信を持ってオススメしたいと思いました。おいしいだけじゃない、世界レベルの安全性を誇る「大麦牛」。ぜひ皆様もお試しください!


ツウの一押し・変幻自在のマグロランキング

投稿日:2017.12.02

年の瀬が近づき、これから何かと人が集まる時期になります。もてなす側としてはどんな料理を用意するかで悩みは尽きません。そんな方にご紹介したいのが、クックマート鮮魚スタッフが厳選したマグロです。食べる部位や調理法によって、ごちそうにもおつまみにも変幻自在!ぜひご活用ください。


お孫さんに食べさせたい。超・地元の和スイーツ「でら焼き」

投稿日:2017.12.02

十二月に入ってから、何故か和菓子コーナーをよく見ているスタッフがいます。どうしたのかと尋ねると、もうすぐ息子一家が帰省するのだそうです。にこにこ顔で「うちの孫はね、和菓子が大好きなの。それに遠くから来るから、この地域ならではのものを用意してあげたいのよ」と教えてくれました。それを聞いた世話焼きのスタッフが「ちょうど新作があるよ!」と出してきたのが、地元の和菓子屋・お亀堂とクックマートがコラボして作った新作和スイーツ「でら焼き」です。粒あんとクリームを混ぜ込んで、もっちもちの生地で挟みました。粒あんの上品な甘さとクリームの口当たりが最高です。もちろんクックマート限定品。試しに食べたらとても気に入ったようで、嬉しそうに「孫が帰るときもお土産に持たせるわ」と話していました。お孫さんの帰省の良い思い出になることを祈っています!


カテゴリー:

クックマート新聞

ページの先頭へ
Copyright(C) DELIGHT All Rights Reserved
株式会社デライト
株式会社デライト
〒440-0066 愛知県豊橋市東田町151-1
0532-69-1505(代)

pageup