クックマート新聞
クックマート新聞
クックマート新聞

おいしいご飯が一番!思い出のひなまつり

投稿日:2017.02.25

私には五歳になる娘がいます。ひなまつりはもちろんお祝いをしますが、マンション暮らしでスペースが取れないため本格的なひな人形が置けず、お内裏様とおひな様だけしかありません。かわいい娘に本物のひな人形を見せてやりたい!そんな親心から、地元のひな人形の展示会に連れて行くことにしました。喜ぶだろうと思ったら、たくさんの人形にびっくりしたらしく娘は大泣き!人形を見るどころか、私にしがみついて離れません。仕方なく逃げるように帰ってきました。家に帰ってからもずっと元気がないので、食べ物で機嫌を直してもらおうと大急ぎで夕食の支度をしました。ちらし寿司だけでなく、ケーキやカットフルーツ、からあげなど、娘が好きなメニューをテーブルいっぱいに並べて準備完了。初めのうちは黙って食べていましたが、「おいしいね」と笑ってくれたのでほっとしました。心配で見守っていた家族も、ようやく皆笑顔です。ちょっと逆効果になってしまいましたが、最後は娘に喜んでもらえて何より。もう少し大きくなるまでは、ひなまつりはおいしいご飯だけで十分そうです(笑)


カキの価値観が変わる“播磨灘産一年カキ”

投稿日:2017.02.25

この時期、旬を迎えるカキ。私はぷりっぷりの食感と濃厚な味わいが大好きなのですが、意外と好き嫌いが分かれますよね。実は私の息子もカキ嫌いで、食卓に出ると絶対に手を付けません。こんなにおいしいのに~! これは親として、鮮魚スタッフとして放っておけない! ということで探し回って見つけてきました、“播磨灘産一年カキ”! 風味が強くて味が濃いのに、カキ特有の生臭さやえぐみがありません。苦手な人にこそぜひ食べてもらいたい、とびっきりのカキです。さっそくフライにして息子に強く勧めました。しぶしぶ口に入れた息子の表情が一変、「カキってこんなにおいしいんだ!」とびっくりしていました。内心ガッツポーズです(笑) カキの価値観が変わる逸品、ぜひ一度試してみてください!



 

ほっこり手作りおはぎ

投稿日:2017.02.25

子供のころは、お彼岸になると必ず祖母がおはぎを作ってくれました。なので自分もお彼岸には必ずおはぎを作るものだと思っていましたが、手作りだと結構大変!それもたくさん食べる人がいるなら作りがいもありますが、今は夫と二人暮らし。作っても毎回あまってしまうので、最近はクックマートで買うことにしています。定番のあんこ、きな粉だけでなく、黒ごま、お赤飯、更に仙台名物のずんだのおはぎなどもあって珍しいですね。お彼岸の時期なら、ばら売りで好きな数が買えるのも便利なところ。四つも買うと多いけれど、二つだと私一人で食べてしまうので、夫の分が足りません(笑) お店の手作りだというのも嬉しいですね。今年のお彼岸も楽しみにしています。


春を先取り!今が見ごろの花の名所

投稿日:2017.02.25

テレビで桜の開花ニュースをよく見かけるようになると、いよいよ春が近づいてきたのを感じます。今年の桜の見ごろは三月下旬、お花見に行けるのはまだちょっと先ですね。「早くお花見したいね~、待ちきれない!」と友人に話したら「桜じゃなくてもお花見できる所はいっぱいあるよ」と地元の名所をいくつも教えてくれました。自分は知りませんでしたが、地元に桜以外の梅や菜の花などキレイな花を見られる場所がたくさんあるんですね。早速その友人を誘って出かけてみようと思います♪


いよいよ今年四月!飯村店オープンまであと少し!

投稿日:2017.02.25

クックマート十一店目・飯村(いむれ)店が今年四月に豊橋にオープンします!ありがたいことに何人ものお客様が「いつオープンするの?」と聞いてくださいます。我々従業員もドキドキワクワクしながら毎日過ごしています。現在クックマートは豊川、豊橋、浜松、湖西に出店していますが、場所によってお客様の食べ物の好みが大きく変わるのでおもしろいですね。別の店舗に行くと並んでいる商品がまるで違うので、勤めている私ですら驚くほどです。飯村のお客様の好みも、きっと他の店舗とまた違うはず。一人でも多くのお客様に喜んでいただけるよう準備していますので、どうぞよろしくお願いいたします!


カテゴリー:

クックマート新聞

ページの先頭へ
Copyright(C) DELIGHT All Rights Reserved
株式会社デライト
〒440-0011 愛知県豊橋市牛川通3丁目8番地の80532-69-1505 (代)

pageup